沈黙が聴き手をグッと惹きつける

こんにちは!
協会事務局です。

みなさんにとっておきのプレゼンのコツをお伝えします。

大事なプレゼンの日。
緊張もするし、限られた時間ですべてを伝えたい。
そう思えば思うほど、早口で一方的に話しがちですよね。

でも、プレゼンの上級者は違います。
グッと聴き手を惹きつける方法があるんです。

間(ま)の取り方

プレゼンテーションでは、誰もが
聴き手を惹きつけたい、
と思っています。

惹きつけたいから、あれこれ喋りまくることになります。
ところが、人が惹きつけられるのは、
喋っているときではなく、間(ま)にあります。

人は、間に引き込まれます。

文章と文章の間に、少しの沈黙を置いて間をとりましょう。
一般に、話し手にとって、沈黙は長く感じるから、
少しといっても、自分では耐えられないぐらいの
ぎりぎりのところまで耐えて、沈黙を置くことです。

それに、文章の切れ目に沈黙を置くといっても、
すべての文章の切れ目に沈黙を置けば、
ねっとりとした話になりますから、それはやめましょう。

重要だと思う文章の後に間を置くこと。

そうすれば、重要だと思う文章が強調され、
聴き手を惹きつけることができます。

プレゼンテーションでも、沈黙は金なり

————————————————————————-

いかがでしたか?

みなさんも、友達や家族になぞなぞやクイズを出題するとき、
「その答えは・・・・」
と間をおいて、聴き手を惹きつけてから、答えを言いませんか?

おもしろいことを言いたい、驚かせたい。
そんなとき、人は自然と間を取り、
相手を惹きつけようとします。

大事なプレゼンの場面もそうです。
聴き手にとっておきの情報を伝えるのですから、
間を駆使して、グッと相手の心をつかみましょう。

次回のプレゼンのコツもお楽しみに!