プレ検は、みなさんの「伝える力」「コミュニケーション力」を
“見える化”するために生まれた検定です。

スキルの「見える化」

プレ検の資格を取得することにより、仕事や生活面などのさまざまなシーンで、あなたのプレゼン力を活かすことができます。
また、取得した資格を履歴書や名刺に記載することにより、あなたのプレゼン力を証明することができます。

ビジネスシーンで 就職・面接・入試で 日常生活で
上司への報告・連絡・相談
社内の会議
対外的な説明・折衝・説得
自分自身の強みを伝える
面接官との適切なやりとり
就労条件の交渉
家族や知人・友人との会話
周囲とのコミュニケーション
PTA、町内会、サークル活動
 

これらのスキルが「プレ検」によって客観的に証明されることで、
あなたの人財としての価値が高まり、仕事や学業において有利になります。

伝える力が身につく

「人前で話すことが苦手」という人でも
「プレゼン力」を高めることができます。

「プレ検」は、そのために必要な正しい知識と技術、方法論に基づいて作られています。

「プレ検」を受検し、確実に合格するためには、公式テキストをもとに、
プレゼンテーションについての体系的な理論と技術を学ぶ必要があります。

それは、表面的なテクニックや話術、資料のつくり方ではありません。
もっと基本的な伝えるための「考え方」「知識」「能力」です。

 

1.取得メリット

プレ検に合格すると得られる7つのメリット

1.努力が認められる

プレ検に合格し、あなたが手にする合格証書は、単にプレゼン力を証明できるだけでなく、あなたが目標を立てそれに向かって努力し達成できる人と評価される証です。


.求められる人になれる

プレ検に合格したあなたは、相手の立場に立って自分の考えをしっかり伝える技術を身につけています。
このスキルを実践すると、相手が求めていることを掴み、伝え、伝わり、求められる人になっていくでしょう。


.自己実現につながる

プレゼン力は自己表現の必須スキルです。プレ検に合格して、思考力、調査力、分析力、課題発見力、戦略立案力、構成力などを携えたあなたは、このスキルで自己実現につなげることができるはずです。


4.仕事のキャリアアップにつながる

プレ検取得の成果を日々の業務で発揮できるあなたは、仕事力も十分にアピールしています。
人事異動や業務内容
の変更、昇進昇格など、自分が考える以上の仕事に発展・挑戦できるチャンスにつながります。


5.ビジネスチャンスが広がる

プレ検を取得したあなたの堂々とした説得力のあるプレゼンに、聴き手は「イエス」と言うでしょう。
その結果、
あなたのビジネスチャンスはどんどん広がっていきます。


6.対人関係が円滑になる

プレゼンでは、あなたが話したいことを伝えるよりも、聴き手が聴きたいことを伝えなければなりません。
プレ検を取得したあなたの話は、わかりやすく”“おもしろく”“楽しく、相手は「もっと聞きたい」と思うはずです。


7.人生が豊かで楽しくなる

誰しも生まれながらにして、説得的で論理的でユーモア溢れるプレゼンができるわけではありません。
プレゼン学習を通しプレ検を取得することで、あなたは、夢を実現し、充実した日々に幸せを感じることでしょう。

 

 

2.検定の種類

プレ検は6段階

プレ検は準3級から1級まで6段階あります。
ご自身のスキルに合わせて受検級を選んでください。
準3級から順番に受検すると、プレゼンテーション力が向上していく達成感を得られます。
また、準3級/3級/準2級はどの級からも受検できます。
プレゼンって何?、と思う方は準3級からスタートしましょう。
これまでに社内や学内など人前でのプレゼンテーションをおこなったことがある方は3級から受検されるのも良いでしょう。
研修や授業でプレゼンテーションを学習したことがあり、ある程度の自信がある方は準2級に挑戦するのも良いかもしれません。

【能力】
プロフェッショナル・プレゼンターとして、目標達成の精緻な戦略を立案できる。
難度の高いコンテンツのシナリオ化とビジュアル化ができ、相手の状況に合わせて表現力豊かに伝達できる技能を有している。
【知識】
プレゼンテーションについて広範囲な知識を有し、その深い理解とともに応用力のある伝達技術を有している。
【能力】
プレゼンテーションの目標を達成するための戦略を立てることができる。
論理的なシナリオを構築でき、説得力のある伝え方ができる。
【知識】
説得力のあるプレゼンテーションを行うための必要十分な知識を有している。
【能力】
一般的な内容のプレゼンテーションを行うための準備の仕方やシナリオの組み立て方、伝達のノウハウを習得している。
【知識】
プレゼンテーションを行うための基本的な知識を有している。

検定級の一覧

受検方法 検定時間 出題範囲 合格点 受検資格 受検料(税込) 難易度 詳細
1級 オンライン受検
実技試験
面接試験
論文試験
実技:10分
面接:10分
論文:制限なし
公式テキスト全般
一般常識
時事問題
※テーマは当日出題
各80点以上 準1級合格者 16,500円 ★★★★★★ 🔗
準1級 オンライン受検
記述式50問
60分 公式テキスト全般
一般常識
時事問題
80点以上 2級合格者 11,000円 ★★★★★ 🔗
2級 ファイル提出
実技試験
(動画・シナリオ)
論文試験
動画:5分以内
論文:制限なし
公式テキスト全般
一般常識
時事問題
各80点以上 準2級合格者 11,000円 ★★★★ 🔗
準2級 オンライン受検
4択50問
45分 公式テキスト全般 80点以上 制限なし 7,700円 ★★★ 🔗
3級 オンライン受検
4択50問
30分 公式テキスト全般 70点以上 制限なし 5,500円 ★★ 🔗
準3級 オンライン受検
4択50問
30分 公式テキスト全般 70点以上 制限なし 3,300円 🔗

 

 

3.受検者層

 

 現在「プレ検」受検者の方は、会社員の方が中心となっています。教員・講師、学生の受検者も年々増加傾向にあります。 日常的なコミュニケーション力をつけたい方から、昇進・昇格、学業や就職・転職に生かしたい方、ビジネスシーンで活用したい方などまで、幅広く有効です。

 また、入試制度においても、面接やプレゼンテーションで評価選抜する形式が広まり、これまで以上に効果的なプレゼンテーションのスキルが求められます。ついては、学生の早い段階から、プレ検を活用し、伝える力を身につけておくことをおすすめします。

「プレ検」受検者の職業比率(2020年現在

調査・集計:一般社団法人 プレゼンテーション検定協会

 

受検者の年代(2016年〜2020年)

調査・集計:一般社団法人 プレゼンテーション検定協会

受検動機(2016年〜2020年)

調査・集計:一般社団法人 プレゼンテーション検定協会