宮本武蔵の勝因がプレゼンの役に立つ!?

こんにちは!
協会事務局です。

みなさんにプレゼンが上達するコツをお伝えします。
プレ検受検にも役立つ知識ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

宮本武蔵の勝因は?

あなたのプレゼンテーションの成否を左右する要素があります。
それは、「プレゼンテーションの実施場所」です。

さて、あなたは、これまで、プレゼンテーションの実施場所について、
あまり注意を払ったことがないでしょう。

そんなあたなに、宮本武蔵に関する有名な逸話を紹介しましょう。

武蔵と小次郎の決闘場所は、小倉から約4キロ離れた船島である。
武蔵は、わざと約束の時間より約2時間遅れた。
今で言う午前5時から6時ぐらいに船島に着いたことになる。
というのは、その時間だと、ちょうど朝陽を背にして闘うことができる。
小次郎にしてみれば、まぶしくて武蔵の表情を読みとることができない。

これが、武蔵、第一の勝因。

さらに、わざと遅れたもう一つの理由がある。
小次郎は万一の事を考えて、自分が敗れても周りの島々に刺客を待機させ、武蔵を討ち取ろうとした。
ところが、武蔵は決闘に勝利を収めるやいなや”引き潮”に乗って速やかに船島から脱出した。

武蔵の”場所分析”が効を奏したわけです。

プレゼンテーションに勝利を収めるためには、武蔵にあやかって
プレゼンテーションの実施場所を詳細に分析することが必要です。

————————————————————————-

いかがでしたか?

次回のプレゼンのコツもお楽しみに!