個人相談室(フィードバック)

プレ検受検に関して、こんな悩みはありませんか?
・どの級から受検していいかわからない
・合格への学習方法が知りたい
・受検結果へフィードバックがほしい
・再受検へのアドバイスがほしい
・プレゼン嫌い(苦手)を克服したい
など。
プレ検の試験官やプレゼンテーションの専門家があなたのお悩みへアドバイスします。

相談形式 時間 費用(税別) 備考
オンライン面談 1回40分  8,000円 Zoom・Skype
カメラ使用
面談(対面) 1回50分 10,000円 協会オフィス
電子メール 1回  3,000円 ライン不可
ショートメール不可
電話 1回30分  5,000円 モバイル可
日本国内限り

 

個別添削(シナリオと三部構成)

プレゼンテーションの成功を左右するシナリオと三部構成の個別添削が受けられます。
プレ検2級と1級の実技試験では、受検者が最も苦戦をしているのが三部構成です。
合格にあと一歩、の不合格理由はシナリオと三部構成の採点結果が悪いことです。
そして、どこが悪かったのか認識しにくいので、再挑戦するもまたもや合格にあと一歩。
再受検の前に個別添削の活用をお勧めします。

  • 形 式: 電子メールでデータファイルを提出、添削コメントをつけて返信
  • 対 象: 受検をした実技試験のシナリオ、三部構成
  • 添削員: 試験官
  • 費 用: 1件8,000円(税別)

 

個人指導(トレーニング)

プレ検合格や重要なプレゼンテーションの成功へ、プレゼンテーション専門家が一対一で指導します。
プレ検2級以上では、実技試験、論文試験、面接、と知識が実践できるかが合格の鍵です。
「わかっているけど実践は難しい」「実践できているか自分ではわからない」「練習しても上達しない」など、自身の課題や弱み、悪い癖を知り、合格へ導きます。
また、プレ検の受検対策以外にも、重要な会議、学会、発表会、説明会、答申、諮問、コンペ、昇進昇格試験の面接、コンテスト、選挙、答弁、採用や入試の面接、などを控えている方には、実際の状況に基づいた個別プログラムでプレゼンテーションの成功へ導きます。

  • 形 式: オンラインまたは対面での面談(1対1)
  • 内 容: 3P分析、プレゼン戦略、三部構成、シナリオ、アウトライン、デリバリー、スライドなど
  • 指導者: 八幡紕芦史(当協会代表)、脇谷聖美(当協会理事)、専任試験官、IPS認定プレゼン講師
  • 費 用: 指導の内容、範囲、期間、時間、形式などに基づき個別見積

初回は個人相談室(オンライン面談)をご利用いただきます
相談時に時間と費用のご都合をお聞かせいただきます
相談内容を踏まえ指導プログラムを提案します
指導は費用のお支払い後に開始します