フケ ノンシリコン

フケとノンシリコンの関係

 

昨今イマイチな点を暴露されまくって、実はそれほどメリットが大きくないと発覚したノンシリコン

 

今では特徴として表示されることはありますが、それほど気にしなくていい程度の評価に落ち着いています

 

そんなノンシリコンとついでにシリコン、フケとの関係はいかなものでしょうか?

 

フケとノンシリコンと

 

シリコンのほうが化学成分もたくさん入っていて、フケとの関係が深そうに思えますが

 

どっちかというと、ノンシリコンタイプのほうがフケと関係してしまいます

 

直接的には関係するわけではありませんが、シリコン入りと比べるとデメリットが大きく、髪に負担をかけることが原因になることも

 

原因というよりは遠因ですね。かゆみが出る、髪に悪い方の影響が出ることもあります

 

それに、ノンシリコンといっても一から百あって、シリコンを入れない変わりになっている成分が、結局フケの手助けしたりすることもあったり

 

要するに、ノンシリコンってそんな程度なんですよね。フケの原因にはなるかもしれないし、別にウリにするほどすげぇ!ってわけでもないと

 

あくまで遠因ですから、合う合わないといった部分から来ることがほとんど。結論を言うならノンシリコンだからってフケは気にしなくていいと思います

 

例外として、ノンシリコンシャンプー!と言う名のシリコンシャンプーは売られていることがあります

 

表記名が違うから気付かれないとでも思ったのでしょうか?余計に評判を落とすだけなのに・・・

 

フケとシリコンと

 

では次に、シリコンそのものとフケに関して

 

先に結論を言うと、ほとんど関係ないと言ってもいいと思います

 

少し話がずれますが、そもそもシリコンは、ノンシリコンを売り込むために、悪い子扱いされた可哀想な子

 

毛穴に詰まったり、パーマやカラーの浸透を遅らせたり、髪を細くさせたりするような効果は、実証されていません

 

その様は、普通の子が不良扱いされて周りから煙たがられているようなもの。あまり気分のいいものではありません

 

髪を補修しない、保湿しない、髪の傷みを進行させる、など散々な言われようをしてしまいます

 

そもそも、シリコン入りかそうでないかで全てが決まってしまうことなんてありえない、と私は考えています

 

フケとシリコンたち 〜まとめ〜

 

結局のところ、シリコン、ノンシリコン共にフケに対してそれほど大きな影響は持ちません

 

それよりも主成分のほうが危険性が高いので、世間一般で言われるくらい注目するほどでもないんですよね

 

まとめると、フケを気にするなら、シリコン入りか、ノンシリコンかよりも、もっと見るべき点がある!

 

これだけです。フケとの関係性については以上。ここからは余談、ちょっとした知識付け程度のお話になります

 

フケとは関係ないんで、シリコンに興味のある人はそのままどうぞ^^

 

シリコンと成分名と

 

一般的にシリコンと言われていますが、シャンプーに入る際に成分表に"シリコン"とは記入されません

 

・ジメチコン
・シクロメチコン
・シロキサン

 

一般的に多いのはこの3つ。この3つを元に名前が多少なりとも変わっていたり

 

ジメチコンはアモジメチコン

 

など。企業によって言い方が違いますが、上3つを知っておけば、「これシリコンだ!」と気付くことはできます

 

上でもちょっと言いましたが、ノンシリコンシャンプーをこうした言い方を変えて表記してあることもあるんで

 

油断せずに成分表を確認した方がいいこともあります。フケには関係ないんですけどね(笑